早いうちから習慣付けておきたい赤ちゃんの歯磨きについて

まだ小さな赤ちゃんにも歯磨きは必要なのでしょうか。
大切な赤ちゃんの歯を守るために、早いうちから習慣付けたい赤ちゃんの歯磨きについてご説明いたします。

まず、歯磨きを始める目安としては、歯が生え始めた頃が理想です。
個人差はありますが、乳歯が生え始める生後6ヵ月ぐらいから初めてみるとよいですね。
1本でも歯が生え始めたら歯磨きトレーニングのスタートです。
歯が生えてくると、いろいろなものを噛みだします。
まずはおもちゃのひとつとして、シリコン製の歯ブラシを与えてみてください。
大人は基本的に毎食後に歯磨きをするのが理想ですが、赤ちゃんはそこまで神経質にならなくても大丈夫です。
初めは1日に1回、遊びながらチャレンジしてみましょう。

ではなぜ歯も生えそろってない赤ちゃんにも歯磨きは必要なのでしょう。
まだ乳歯だし、もし虫歯になったとしても永久歯が生えてから注意すればよいと思っていませんか?
それはNGです。
乳歯の段階でできた虫歯が、永久歯にも影響し虫歯ができやすくなってしまうのです。
将来のことを考えて、早めのケアを心がけましょう。
とはいっても、まだ小さな赤ちゃんなので嫌がることもあるでしょう。
赤ちゃん専用の歯ブラシでも嫌がるときには、水に濡らした柔らかいガーゼを指に巻いて、優しくふき取ってあげてください。
歯磨きの注意点としては、まだ柔らかい赤ちゃんの歯を、自分が磨くときのようにゴシゴシと力を入れて磨かないでください。
優しすぎるくらいの力でも充分汚れは落ちています。

間違った歯磨きをすると赤ちゃんは嫌がり、歯磨きを嫌いになってしまいます。
毎日の習慣になる大切な歯磨きだからこそ、一緒に楽しみながら正しい歯磨きトレーニングを始めましょう。